読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

acid android in an alcove vol.6@川崎

ということで記憶のかなり遠のいたイベントの感想です(笑)

今回はなかなか疲れが取れなくて、やっぱりどんどん体力なくなってるなーと痛感。
でもyukihiroさんなんて見学含めてほぼステージにいて、しかも私より年上で、ライブまで演られたんだから、私如きが疲れたなんて言ってはいけないのよね。

行く行かないは別として、こういういろんな音楽に触れられるイベントは今後も続けていただきたいと思います。
 
 
では続きは感想など。
 
 
acid android in an alcove vol.6@CLUB CITTA'川崎

8時半過ぎにグッズを購入するために会場へ。
でもそんなに並んでなかったかな。
今回のグッズは一風変わったものが多かったからその影響?(笑)
腹ごしらえをして荷物を置いて、再び会場へ戻った頃にはすでに呼び出しが始まってました。

今回は前回と違って、acidのライブでよく見かける方や、落ち着いた雰囲気の方が多かったです。
去年は久々の開催で様子見の人も多かったけど、今年はイベントを楽しもうという雰囲気があって、とても居心地がよかった。


フロアに入った時にはすでにDJさんが一人、プレイされてました。
23時半ごろにはもう入場が終わってたのか、いきなり下手側のDJブースにyukihiroさんが登場。
一瞬ざわついてましたが、私は上手の方にいたので人が押し寄せることもなく(笑)
みんなゆるーく見守る感じで良い雰囲気でした。

yukihiroさんは後半にももう一度プレイしにブースへ来られたんですが、前半では曲を13曲くらい流してました。
最初の方はミドルテンポな曲→徐々に盛り上がる感じの選曲。
でもあんまりアーティスト名はわからず…スリップノットくらいしかわからなかった(笑)

そして私は相変わらず美しい指に見惚れておりました←
レコード盤を持つ指とか、ヘッドフォンをかける指とか、たぶん何時間でも見てられる(*´д`)


yukihiroさんのDJが終わると、ZZZ'sのステージ。
音楽はあまり馴染みのない音楽で、型にはまらないというか…歌メロとかそういうのが存在しないような。
ギターとベースとドラムの激しい音のぶつかり合い。
曲の次の展開が読めなくて、私にはちょっと合わなかったかな。
彼女たちの演奏が終盤に差し掛かった頃に、上手側のDJブースにミヤくんが準備しにきてました。

そして予想通り初っ端にかかったのはamnioticのremix。
大半がacidファンなのですごい盛り上がってました。
ミヤくんはムックのライブで見るのとは正反対というか、盛り上げる為でもあるだろうけどすごいノリノリで(笑)
「僕がDJをするきっかけになったのが、このイベントのvol.4の時でした!」
「こんな音楽の楽しみ方があるんだって教えてくれたyukihiroさんにとても感謝してます!!」

というようなことをマイクがキンキン言うほどボリュームを最大にして喋るwww
ストイックに演奏するところが好きだったので、ちょっと…というかだいぶイメージが覆されてしまったなー(苦笑)
vol.4の時にDJもされてたんですかね??全く記憶が残ってないけれども←←

続けてThe LOWBROWSのDJアクト。
最初の方はミヤくんも一緒に盛り上げてました。
プレイはさすがというか、いろんな音を出していく様子が楽しくて、もっと聴いてたかったな。
そういえば最後の方でBUCK-TICKのJUPITERっぽい音のかけらをトラックに使ってて、それも面白かったです。

フロアが盛り上がったところで、間髪入れずにモーサムのステージ!
出てきた百々さんが「Wake Up!Wake Up!」ってwwwwww
ほんとに毎回センスのあるお言葉を…(笑)

このモーサムのステージが本当に楽しくて!!
演奏はカッコイイし、途中で大きなうちわを持ってきて会場を盛り上げたりサイリュームを振り回してダンスをしたり…えっと、そんな武井さん(ヘルメットの後ろにマジックで名前書いてたww)のベースプレイはほぼ見れなかった気がしますが(笑)
所狭しと動き回るメンバーを見てたらあっという間にステージが終わってしまった感じ。
BARKSの記事には載ってなかったんですけど、[ElectBoys]って曲演奏しませんでしたっけ??
事前の予習も何もなくライブに臨んだので全然曲がわからなかったんですが、1曲だけ百々さんがギターを置いて歌う曲があって、この曲じゃなかったかなと。
音も好みで、とにかくめちゃくちゃカッコよくて惚れました!!!
首にマイクコードを巻きながら歌ったり、Tシャツを捲りあげて美しい腹筋を晒したり、大変目の保養に…(変態自重)
そんなヤンチャっぷりが見ていてなんとなーくオブリのKENを思い出した(笑)

最後の曲では武井さんがうやうやしく電光掲示板が乗ったヘルメットを装着。
電光掲示板にはacid android in an alcoveへようこそ! モーサムトーンベンダー演奏なう」「夏の終わりに納涼ロック」「レッツ・スースースーサイド」などの言葉が流れてました(笑)
弾丸MCをしながら踊りながら、本当に多芸なお人です(笑)
途中、下手側のDJブースに準備しに来たyukihiroさんを、武井さんと百々さんで一緒にロックオンして絡みに行ってましたw
yukihiroさんめっちゃ笑ってた…けど何もしない(笑)
最後はメンバー全員暴れまくりで、ステージに転げまわったり、もうめちゃくちゃ。
そういえばステージ袖の方で345ちゃんらしき女性がステージで倒れ込んでる百々さんを激写してたところを目撃ww

モーサムのステージが終わると、すぐにyukihiroさんが曲を流しておりました。
30分くらいはプレイされてたんでしょうか。デペッシュモードのWorld in My Eyesぐらいしかわからなかったけれども(笑)
あ、スマパンのCherub Rockがかかった時はちょっと歓声が上がってました。
途中ちょっと抜けたんですが、フロアは踊ったりゆったり目を閉じて身体を揺らしたり、本当にみんな思い思いに楽しんでました。
フロアが詰まりすぎずに余裕があったのも大きかったと思う。
最後の曲をかけ、途中で右手をすっと上げて挨拶して退場。

次のライブアクトというかDJアクトはagraphさん。
この方の作り出す音がすごく素敵で、滑るようにDJ卓を操る姿に見惚れました。
音楽もすごく好みでした。でももうちょっと意識がはっきりしてる時に聴きたかった(笑)

ここまでライブアクトとDJが交互につないでいたのに、agraph→acidのところだけ普通にスピーカーから曲を流すだけ。
今まで流れがよかったのに何でなんでしょう。差別化をはかったの?(笑)


10分くらいの転換の後、ステージの幕が開いてメンバーが登場。
少し遅れてyukihiroさんが登場…したんですけど。
なんか最初、acid androidyukihiroさんって認識できなかった。
オーラがすごく柔らかくて。

本日の衣装
最後まで照明がものすごーく暗かったので、ちゃんとした色彩がわからず(笑)
赤くも見えたけど、暗い時に赤く見えた時は大概黒いことが多いので、多分ほぼ黒かな。
タンクトップに胸をはだけさせたシャツワンピ…ロング丈の途中まで前立てがあるタイプの長袖シャツを第3ボタンくらいまで外してました。
そしてちらりと覗くアクセサリー。それなんてホスト…
ボトムは細身で全体的に柄のあるパンツ。模様はゴシックな感じだったような。後ろの左ポケットからは全体的に柄の入った透ける素材のバンダナ?スカーフを垂らしていて、これまたトータルで見ると思わずデザイン画に描き起こしたくなるようなバランスの良いコーディネイトでした。

1曲目はなんと新曲。
ドラムがめちゃくちゃカッコイイんです!!!!
フレーズはyukihiroさんが考えたものだろうけど、それを叩きこなす山口くんが素晴らしい。
歌メロはぶっちゃけ全然聴き取れなかったんだけど(爆)
黒い拡声器を使って歌う姿はすごくよかったのに!ボーカルが小さい…
拡声器はあまり見かけない形でした。ラッパ型というよりもメガホン型に近いような。
ボーカルの音が小さいのは本物の拡声器ではなくてビジュアル重視で作ってもらったものなんじゃないかと疑うくらい(笑)
今度はもっと、拡声器で変化する声も聴きたい。

2曲目は[imagining noises]。
なんかまたアレンジされてたような…?
yukihiroさんの声でコーラスっぽいのが増えてた気がするのですが。
only in my headはワンテンポ置いてこめかみに指を持ってったところに心臓鷲掴み。

3曲目は[egotistic ideal]。
いきなり来たなー!という感じで、まぁイベント尺だから仕方ないのだけど。
ステージの前の方に出てきてたのはこの曲だったかな?
あまりステージを見ずに踊っていたので記憶がありませんが(笑)
そういえば途中でジャングルっぽいリズムを山口くんが生ドラムで叩いていたような気がしたんですけど、yukihiroさんで日食されて見えなかった(笑)
…っていうかyukihiroさんで日食されるなんて言葉、使う日が来るなんて思わなかったなw

重苦しい[pause in end]に続いて4月にも演奏された新曲。
前はviolatorとリズムパターンが似てるな~と思ったけど、そうでもなかったのはリズムパターンを変えたのか私の記憶力の問題なのか。
なんか曲の印象がモノクロから少し色が足されたような印象になってました。

最後は[violator]。
安定していい曲だなぁと思って音に身を委ねて聴いてました。
KENTくんのギターがものすごく表情を持って演奏されてたのに驚いた。ギターひとつでも曲の印象ってまだまだ変わるんだなと。
曲が終わってマイクを手放すんだと思ってたら…
突然yukihiroさんが喋りだした

「きょうはありがとうございました。また・・・」と言って軽く会釈をしてステージを去っていくyukihiroさん。

あまりの珍しさにワンテンポ遅れるオーディエンス(笑)

ええええええacidのyukihiroさんが喋ったのなんて、私が行けなかった音人イベント以来じゃないの??(つまり私は聴けてないw)
しかも歌う声から地声の切り替えが上手くいかなくて、ちょっと嗄れ声だったのが可愛いかったんですが…!
それより何より、私がyukihiroさんの言ったことをまともに聞き取れたのなんて何年ぶり??www
ついステージから誰もいなくなるまで見守ってしまいました。


今回はオールナイトのイベントということで、やっぱりacidを観る!という点では満足度に欠けるけど、普段耳にしない音楽や音に触れられたり、yukihiroさんの好きな曲で満たされる空間とか、そういう雰囲気を楽しめたと思います。
でもやっぱり私はacid androidになったyukihiroさんが好きなんだなって。
やっぱりワンマンライブが観たいんだって強く感じたのは事実。

…なんて考えながら、少し明るくなった外に出てみると、何やら人だかり。

めちゃくちゃデッカイポスターがパネル展示されとる…!!!!

そりゃもういろんな角度から撮るよね!!!!
デジカメ持ってないことを心底悔やんでも仕方ないよね!!!!

朝の5時に、入れ替わり立ち替わりポスターを激写しまくる黒い人だかりは、さぞ異様だったことでしょうw
スタッフのお兄さんめちゃくちゃ引いてたもんww

そして時間差で気づくワンマンライブの告知(笑)
もっと早く気づけよ私wwwwwwww
しかも手の位置とか微妙に違うことにもしばらくしてから気付いたっていう…←
2枚飾ってあるのは撮影する人が多いと予想してのただの親切だと思ってたw


物足りないって思った矢先にワンマンライブの告知だなんて。
しかも13日の金曜日って…acidでは何気に初めてなんじゃないかな。
yukihiroさんは朝っぱらからとんでもなく粋な爆弾を落としてくれていたのでした。