読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/8 25th L'Anniversary LIVE@東京ドーム

L'Arc live

ライブが終わってから10日も経ってしまった・・・(笑)

みなさんラニバロスとかラルクロスとか言われてますが。

私は終わって寂しいというよりはむしろ、いろんな事を思い出して、曲聴いたり映像見たり発掘してて、普段よりもラルク充しているような気がする(笑)

 

まぁそんな感じで、ライブの感想を書き始めても「あれいつのライブからやってなかったっけ?」とか調べたり曲聴いたり、寄り道ばっかりするので全然進まない。

ようやく1日目が書けました。2日目はまだ真っ白なので、また薄れゆく記憶と戦おうと思います。次にここに現れるのは来週か1か月後か・・・。

 

ライブの感想は続きから。ライブ中はメモなどは取りません。すべてニュアンスで受け取ったものをアウトプットしておりますのでご了承ください。

 

4/8 25th L'Anniversary LIVE@東京ドーム

約1年半ぶりのラルクのライブ。
数週間前からバタバタしていたらあっという間に当日を迎えました。
グッズ売り場に着いたのはお昼を回ってから。30~40分くらいで買いたいものは買えました。
それからお茶したり、ドーム近くで花見をしながら開演1時間ほど前に会場内に移動。
この日は最初のローチケ先行で妹が当ててくれたもので、バルコニー席の上手側。
ステージに近かったのでyukihiroさんが見切れるんじゃないかとハラハラしてました(笑)
 
18時20分くらいに暗転。
事前に発表があった「未来を取り戻せ」のミッションに沿って流れるオープニング映像。
覚悟はしてたけど、斜めからなので大きなスクリーンはスピーカーや機材で真ん中が遮られて見づらい…orz
1曲目は[虹]。
イントロが流れて、金色バックのスクリーンにメンバーのシルエットが映る。
yukihiroさんのドラムの後ろのステージに、テッちゃんとkenちゃん。しかもテッちゃんはyukihiroさんに日食というレアな構図だったんですが。
hydeさんが全くどこにいるか肉眼では確認できなくて(でもスクリーンには映ってる)、ドームの後ろのサブステとかに居るのかな?と探したんだけど、どうやら弦楽隊よりももっと後ろにもステージがあって、そこで歌っていたようで。
大きなスクリーンの陰になってて見えてなかったw
 
本日の衣装
hyde→眉を全剃り!もはや国籍不明。異国情緒たっぷりの白装束で、頭にはスカーフ+ラメ入りのチュールっぽい素材をターバンのように巻いたもの。顔の横にはベージュのスエード?素材の布+パンチングしてある白の革の切れ端(←)、
茶色のブラウス(袖にラメのあるシフォン素材の布が重ねてある)に白いサロペット風っていうのか?ワイドパンツにロングのワンピース重ねてたのかな?黒っぽい革のベルトを腰に巻いてました。
胸元は明いていて、エスニック調のネックレスをジャラジャラ。右耳に長く垂れるピアス、左耳に横から見ると三日月みたいな大ぶりのピアス。
手首にも革っぽい素材のカフス?グローブ?、黒の指ぬきグローブ。右手人差し指に爪まである革のアーマーリングみたいなアクセサリー。
ken→この日のkenちゃんのシルエットがドンピシャ好みで!!!!オーバーサイズの黒のジャケット(右身頃はグレーのストライプ)に9分丈のワイドパンツにショートブーツ。
肘のあたりに袖が落ちてこないように(?)白っぽい何かで留めてました。REVELATIONの時だけ手首の方までずらしてた。
80年代のY'sっぽいー!と思ってたらほんとにY'sだったようで。
髪も短くなってて、服とすごく合ってた。逆にサングラスだけ違和感(笑)
tetsuya→白いブラウスに赤いスパンコールのベスト、黒っぽい柄のストール、赤いロングジャケット、黒の細身のパンツ。
髪は99年ごろの金髪tetsuを彷彿とさせるような、ふわっとした髪型で。左サイドをねじってピンで留めてました。
髪型も相まって「あれ?テッちゃんタイムマシンでも使ったの?」ってくらい全然変わってなかったしむしろ若返ってるし。
yukihiro→黒いロング丈のブラウス(袖にタックがとってある+後ろに紐が垂れてる)に黒のベスト(後ろは2本の紐で留めてある)、黒のパンツ。サブステ移動中はブーツを穿いてたような。
髪はサイドを編み込んでポニーテール、裾の髪は結ばないで後ろに流す感じ?あと、前髪も前へ垂らしててほんと二次元の住人だった。Don't be Afraidのジャケットみたいな。
ドラムプレイより顔に見惚れてた時間の方が長かったわ(←正直者)
こんなに美人さんなのに、この日の座席は距離がそこそこある上にスクリーンが見づらいとか、何の拷問よ(笑)

曲が終わり、次の曲のイントロに入るまでにhydeさんが奥のステージから坂道をタカタカっと小走りに降りてくる。ボトムのヒラヒラを踏まないように手でつまんでて、どこぞの姫かと。
2曲目は[Caress of Venus]
特効は無し。でもイントロのhydeさんの「ハァ~~~(高音)」は聴けました。
[the Forth Avenue Cafe]
「溜め息に消えてしまう」のところでhydeさんが指を口元に持っていく仕草がセクシー。
最後の「移り行く街並みに」の歌い方がちょっと変わってたなぁ。
 
hydeMC
h:「25th L'Anniversaryへようこそ!L'Arc~en~Cielです!」
h:「会いたかった?会いたかったよね?」
h:「今日は映画館でも上映?中継?されてて、この、ステージの裏にもドエルがいます(笑)」
客:(笑&拍手)
h:「こんなにたくさんの人たちに集まってもらえて、ほんとに幸せ者です。ありがとう」
客:(歓声&拍手)
h:「そして!肝心な!メンバーが集まりましたー!
客:(歓声&拍手)
この辺のMCの時に、yukihiroさんが思わず笑っちゃったみたいな笑顔がスクリーンに抜かれてyukiヲタ全員死亡。
h:「もう天然記念物みたいなもんですから、全員揃うなんて」
h:「おかげさまで25歳になりました。25歳っていうのもすごいけど、25年間こんだけ愛されてるのももっと凄いと思います」
客:(歓声&拍手)
h:「四半世紀ですよ・・・kenさん」
k:「俺もずっと考えてたんやけど」
k:「この25年の間に、レッサーパンダ、立ったよね」
客:(笑)
k:「パンダが立つ時代…ウーパールーパーって俺らより先だっけ?」
h:「(笑)」
k:「あと・・・」
h:「あっ、もう大丈夫です(笑)(手で制止)
客:(笑)
h:「25歳以下の人っているんですか?」
客:「はーい!」
h:「おー!ねぇ~・・・君たちが生まれる前から居るんですよぉ~」
客:(笑)
h:「妖怪だよね、妖怪。」
k:「そういえば妖怪ウォッチ流行ったよね?!(横入り)」
客:(笑)
k:「妖怪ウォッチが終わったと思ったらポケモンGOになり・・・」
h:大丈夫です、もう大丈夫です(←食い気味に遮るww)
客:(爆笑)
h:「準備はいいか?東京ドーム!」
h:「あ、ちょっといいかな。ちょっと1回、錬成してみようかな」
h:「夢洲では上手くできなかったけど、みんないけるよね?」
h:「最前列(指さしながら)、肝心だから」
h:「いくよ!・・・・錬成!!」
hydeがステージの床に手をつくと、アリーナ最前からウェーブが起こる)
h:「ライトアップ!ライトアップ!スタンドライトアップ!」
(明るくならないスタンドw)
h:「え?最後まで行った??ww」
h:「言い方が悪いのかな? Light up!」
(無反応の照明wwww)
h:「あのー(笑)、もうちょっと明るくしてもらっていいですか?」
客:(笑)
(スタンドに照明が当たる)
h:「あ、そっち(日本語)ね~・・・
客:(爆笑)
h:「もう一回!スタンド、最後まで行ったら戻ってくるように」
h:「・・・・錬成!!」
(ウェーブが戻ってきたところで余波のようにhydeに向かって風が吹く)
h:(超満足げな顔)
h:「一つになったな!東京ドーム!!」
 
[flower]
[Lies and Truth]
このあたりでkenちゃんのギターの音に、「あぁ~kenちゃんのギターだな~」ってなって、ちょっとアレンジされたフレーズに腰砕けになってた。
[fate]
サビ前の照明が今回はビカビカしなくて、ドラム堪能できてうれしかった!!
あとはもうちょっとスクリーンに映してくれれば~(笑)とくにテッちゃんのベース。fateの時カッコイイのに!
[forbidden lover]
[Shout at the Devil]
野外かっってほどの爆発音。そして火柱。ドームの消防法どうなってんだw
この流れ、セトリとしては最高だったけど!
バンドの演奏って1+1+1+1=4じゃないんじゃないかなーって思うんですよ。
もっと凄いところまで行けるのを知ってるだけにちょっと残念だったなー。

しばらくの暗転後、REVELATIONのイントロが鳴りだす。手元のL'edバンドも赤く光る。
メンバーがステージ前にやってきて、tetsuya(ギター)→hyde(ボーカル&ドラム)→ken(ドラム)→yukihiro(ギター)という、盛大なパートチェンジwww
っていうかyukihiroさんー!!G-707持ってんじゃないですかぁぁぁぁーーー!!!(昇天)
で、ステージが前にせり出したな~と思ったら、そのまま前に移動し始めた!!!!
ジャ〇ーズ!!(笑)
大興奮に包まれた会場!熱気が一気に上がる。
hydeさんは白装束を脱いで、フライング帽+ゴーグル、シャツはそのまま、パンツは黒になってたかな。
それにしてもマイクの位置が(笑)
腰をかがめないと歌えない位置になんで置いてあるんだろう…。めっちゃ歌いにくそうなんだけど。
kenちゃんはサングラスを外してました。最後の方はほんとに叩いてる??って感じだったw
yukihiroさんは最初はギターを弾いてたけど、途中で仕事を放棄(笑)。柵に肘をついて上手側の客を眺めたり、後半はずっとしゃがんでました。
それに比べてテッちゃんはちゃんとギター弾いて、腕を上げてお客さんを煽ってたよ。対照的な二人。
ムービングステージがアリーナ後方のサブステージに到着。ステージの下から白いドラムが登場。
 
kenMC
k:「あのねぇ、この25年何があったかなーって考えてたんだけど、(ライブで)眼鏡をするようになったんだよね」
k:「野外の時は大丈夫だったんだけど、(室内だと)眼鏡が曇るんだよねぇ」
(眼鏡を外す。確かにめっちゃ曇ってるw)
k:「もう21世紀なのに、これって来ないの?(曇らない眼鏡はできないの?)」
客:(爆笑)
k:「コンタクトしてる人?」
客:(してるー!)
  (してないー!)
k:「はぁ???」
客:(笑)
k:「コンタクトしてる人はL'edライト光らせて!」
客:(無理wwwww)
k:「できないの?!」
客:(笑)
k:「じゃあ、今日、パンティー穿いてない人だけ光らせて!」
(全員のL'edライトが光るwww)
客:(笑)
k:「えぇ~?(笑)」
k:「あとはhydeさんがうまくまとめてくれると思うんで」(←)
 
h:「結構みんなパンツ穿いてないんだね」
客:(笑)
h:「曲へのリクエスト、ありがとうございました。」
h:「なんか収集つかない感じでね」
客:(笑)
h:「久しぶりに、ラルクの原点って曲を…」
客:(おぉ~!!)
h:「僕が選びました」
(ここで「hydeが選ぶんかーい!」とツッコミ入れた)
h:「この曲をkenちゃんが持ってきた時に、こんな曲がやれて嬉しいなって思いました」
客:(歓声&拍手)
h:「その曲をいっていいですか。・・・『Voice』」
 
[Voice]
ステージが正面を向いたままだったので、ドラムが斜め後ろから観れるー!とずっと双眼鏡でドラム見てた(笑)
伸びやかな歌声が気持ちよさそうで、思わず一緒に歌いたくなりました。
[XXX]
長めのイントロで、hydeさんが「手と手をあげて、合わせるとパチンって音がするから。そう、いきなり出来てる。上手だね」という謎のレッスンが始まったwww
で、曲入り直前に軍帽を被りキメ顔で歌いだす。会場のどよめきと悲鳴が凄かった。
照明が暗くてスクリーンもよく見えなくてほんとに残念!あと、カメラのスイッチャーさん、気持ちはわかるけどhydeばっかり映しすぎ!(笑)
しばらくの暗転の後、ムービングステージでカラーボールを投げながらメインステージに戻るメンバー達。
yukihiroさんは背面投げでボールを投げたり、真下に全力で投げたり(←)足で蹴ったり。
挙句、ボールが半分くらいになったカゴを『カゴごと投げちゃおっかな~』みたいにブラブラさせたけど、この日は思いとどまった模様(笑)
カゴを傾けて、揺らした反動で落として、無くなったらステージの端っこの方にカゴを置いてた。(几帳面)
ってゆーかスーパーのカゴ持つyukihiroさんとか見ちゃったら妄想の世界に旅立つしか…←
そういえば、テッちゃんは投げるボールがなくなったあとカメラマンになってhydeばっかり映してたよね?(笑)
 
ステージが戻って、次の準備をする間に、過去のCMやらメイキング映像が。
LIFEの写真集のメイキングとか、チャーリーに指示されまくるメンバーがみんな可愛い。
リクエストしたGHOST IN MY ROOMは、映像の中のセッションで聴けました。
あと、禿ヅラ被ったhydeが衝撃映像だったwwwww
 
[花葬]
アレンジしてない花葬久しぶり。hydeさんが黒っぽい衣装でオールバックで眉なしで、当時を思い出させる。
hydeさんはダークグレーにラメの入った素材のジャケットにチェンジ。
テッちゃんは白ブラウス(前立てに黒のライン)にオフホワイトのレース地のベスト、白ジャケ&白パンツでどう見ても王子か花婿でした。
[浸食]
浸食・・・久しぶり!演奏がちゃんと合うのかハラハラして聴いてた(笑)
[HONEY]
曲に入る前にhydeさんが手袋をポイポーイとステージの前に脱ぎ捨てる。
[MY HEART DRAWS A DREAM]
hydeさん、またまた真っ白な上下のスーツと白い女優帽に衣装替え。
大合唱の時に、すごくはっきりと観客の歌声が響いてて、屋根があるってすごいって実感した(笑)
ワイドショーや映像で流れてた映像ではホールの反響であまり歌詞は聴き取れない感じだけど、会場内では綺麗に響いてましたね。
[NEO UNIVERSE]
大きな車型のバルーンが登場。
どうやって飛んでる?吊るしてる?と見ていたら、車の下でスタッフさんがドローンの操作をしてた。最後、スクリーンの脇をくぐるとき、当たらないか心配しながら見てた。
[Driver's High]
[STAY AWAY]
「やれんのか東京ー!」
「すげぇとこ見せてくれよーー!」っていう掛け合いを何度もして、[READY STEADY GO]へ。
最後はyukihiroさんのドラムソロ。すごい短かったな。
 
長い暗転のあと、エリー・クランクのネタ晴らし。
『エリー・クランクはあなたの心の中にある』
『未来を恐れるな』
『恐れるな』
[Don't be Afraid]
うまいこと繋げるなぁ!(笑)
hydeさんはまた衣装と髪型を変えてきた。白のロングブラウス(袖の内側から脇にかけてレースで透けてて、前身ごろの裾は何本も引き裂いたようにボロボロ)で髪をブワッと逆立てて。
もう曲がカッコいいのですべてがキマるよね。
yukihiroさんのドラムが新鮮。初めて生で観るので当たり前なんですけど。
 
tetsuyaMC
t:「こんばんはー!」
t:「お元気ー?」
t:「屋根があるっていいなぁ
客:(wwwwww)
t:「屋根がある会場久しぶりやんなぁ?」
客:(歓声)
t:「25周年ですよ」
客:(歓声&拍手)
t:「でもほんとは26年目って知ってた??ご存じー?」
客:(ご存じー!笑)
t:「なんでやろね(笑)でも良かった事が1つあります!」
客:(なにー?)
t:「30周年まであと4年です!
客:(歓声&拍手)
t:「次のライブは4年後??」
客:(えぇ~!!)
t:「あかん、喋り過ぎた」(hydeの方を向く)
h:「まだいける」
t:「ほんまに?(笑)」
h:(親指を立ててGood!なジェスチャー
t:「26年経っても東京ドームでやれるなんて、ほんまおおきにー!」
客:(歓声&拍手)
t:「25~26年前はよくバンド名を間違えられて」
客:(あぁ~)
t:「ラルクアン『シェル』ってね…最初のライブハウスか何かで書かれてんなぁ?」
h:(頷く)
t:「それからずっと『シェル』(笑)・・・あの、シェル石油ってあるやん?俺それからあそこでガソリン入れられへんようになって
客:(wwwwwww)
t:「あーもうすぐガソリン無くなる~けど、しぇるしぇきゆ(噛んだ)入られへん~・・・そんなん無い?」
h:「全く無い」(←全否定ww)
客:(wwwwwww)
t:「・・・そんな気はしてた(笑)」
h:「・・・神経質?」
t:「(食い気味に)ちょっと待って!(笑)そんなん言うたら神経質ってイメージつくやん!俺全然気にしてないから!」
h:「・・・じゃあ大雑把?」
t:「全っ然テキトーやから!(笑)今日も『やってもぉたぁ~!』ってミスいっぱいしてるから!」
h:「ライブはカラオケじゃないからね」
t:「そう!(笑)俺らアイドルバンドでデビューしたけど、ほんまに演奏してるって知ってた??」
客:(知ってるー!笑)
t:「そんな感じで、すみません(笑)」
 
t:「映像の禿ヅラ、よくOKしたね(笑)」
h:「25年後はああなると思ってた。映像見てると自分じゃないみたい。遠すぎて(笑)」
h:「なんかkenちゃんチンピラみたい(笑)」
k:「(あの頃と比べて)太った・・・」
h:「そう?」
k:「50周年ライブは両国でやってるかも」
客:(笑)
h:(客のユッキーコールに応えて)「ユッキーは会うたびにどんどん髪が伸びてくね」
y:(はにかみながら軽く頷く)
h:「今日はゴシックな装いで…先生、今日もカッコイイっすね」
y:(顔の前で指でLの字作って笑顔)
客:(ぎゃあああああ!
h:「毎日ずっと叩いてますよね」
y:(ドコドコ叩きながらドラムで答える)
h:「この後もう残り少ないから」
客:(え~!)
h:「ちょっともう一回、ひとつになっとくか!」
(ここでもう一度錬成)
h:「いくぞ東京ー!」

一旦Blurry~の演奏が始まるもバラッバラ(笑)なんとか持ち直す??と思ってたらhydeさんが「ちょっと(笑)もう一回」と言って中断。
客:(大歓声)
h:「みんなはひとつになってた。けど俺らがひとつじゃなかった(笑)」
客:(笑&歓声)
h:「いくぞー!Blurry Eyesー!」
[Blurry Eyes]
スクリーンにはいろんな時代のBlurryの映像が。
hydeさん動揺していたのか、2回目のホイッスルを吹き忘れ、慌てて取ってギターソロの後のサビに入る直前に吹く。
[Link]
間奏のところで中断。
h:「久しぶりにメンバー紹介をやってみようかな」
客:(大歓声)
h:「知ってると思うけど。みんな呼んであげてね?」
h:「Drumsー!yukihiroー!」
y:(Linkのドラムを叩き始める)
h:「Bass!tetsuyaー!」
t:(ベースのメロディを重ねる)
h:「Guitar!keーn!」
k:(ギターソロに入る)
h:「Vocal-!」
客:(ハイドー!)
それぞれの楽器が少しずつ音を重ねていくのに合わせた曲紹介、最高だし、この曲のこの部分をアレンジしたメンバー天才か!!
 
h:「最後の曲になりました」
h:「26周年になるまえにやれてよかった」
h:「ここに来るまでの道のりは決して順風満帆ではなかった。みんなも25年いろいろあったと思うけど」
h:「メンバーもスタッフもすごく努力して、ここに来れたんだと思います」
h:「そして、君たちの力がなければ、今日ここに立つことはなかった」
h:「今日ここに来れなかった人も…2日間しかなくて申し訳ないけど、いろんな事情で来れなかった人達も、ひとりひとりの気持ちがなければここには来られませんでした」
h:「本当にありがとう」
 
[あなた]
青い照明のなかで演奏する4人。
L'edライトが無数の星のように光って、スタンドから見るととても幻想的な景色でした。
最後にはたくさんの白い羽根が舞い降りていました。

まぁそんな感じで。
大きな会場でのライブなので、セットリストなどはメジャーな曲が多くなるのは当然のことなので良いのですが。
スクリーンは超ドデカイ綺麗なスクリーンだし、ムービングステージなんて飛び道具も出てきて、やっぱりラルクのライブってお金かけてんなーって(笑)
視覚的には存分に楽しめたライブだったけど。
演奏とかはどうだったのかなぁ・・・。
個々のプレイはやっぱりプロだし、「ああ!そんな音出しちゃう?!」とか思わず見惚れちゃう場面もたくさんあったけど、バンドの一体感っていうのは遠かったのかな。
テッちゃんは「ありえないミスをいっぱいした」なんて言ってたけど、正直私にはわからないくらい細かいミスなんだろうし、それよりも4人で合わせる時間をもうちょっと取った方が良かったんでは・・・と思ってしまったわ。
なんかゲネプロみたいな(笑)ちょっとハラハラする場面もあったし。
この日のライブではDon't be Afraidが一番良かったかな。演奏もグルーヴもクオリティも。ラルク観た!って一番実感できた曲でした。
 
2日目に続く。
 
 
20170408 25th L'Anniversary LIVE set list
 
1 虹
2 Caress of Venus
3 the Forth Avenue Cafe
 
4 flower
5 Lies and Truth
6 fate
7 forbidden lover
8 Shout at the Devil
 
サブステ移動
 
9 REVELATION
10 Voice
11 XXX
 
メインステージ移動
 
12 花葬
13 浸食
14 HONEY
 
20 Don't be Afraid
21 Blurry Eyes
22 Link
23 あなた