読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/22 L'Arc~en~Ciel LIVE 2014 at 国立競技場

今回は視界も悪かったし書けない…と思ってたんですが。
めざましやZIPの映像を見たり、ナタリーとかライブレポを見てたらいろいろ蘇ってきて。
とりあえず、と思ってダラダラ書き始めたら…結局長文w

後で自分で読んで記憶に蘇らせれるように、思い出せること全部詰め込んでたら、いつも短く纏められませんorz
いつか短く纏まり、尚且タイムスリップできるようなライブレポを書いてみたいものです…。

では長いので畳んでおきます。

3/22 L'Arc~en~Ciel LIVE 2014 at 国立競技場

16時過ぎに会場入りして、腹ごしらえをしてから自分の席へ。
空は少し曇り空で、寒さもあってコートが脱げず…。結局コートの上からポンチョ着て観ることに。
それでもきっと1日目の寒さよりはマシだったと思います。
そうそう、ポンチョが思いのほか冷たい風を遮ってくれましたね。
開演前のお知らせもL'edバンドの事ばかりでポンチョの事には一切触れず。
まさか演出の一部だとは思わなかったので、「これで寒さをしのいでね」ってことなのかと思ってましたw

会場に入った時にはスタンドも空席が目立ってましたが、開演時間に近づくにつれ、どんどん席が埋まって超満席に!
実のところ、ラルクなんて2年も活動してないし、新曲も出てないし、さらには自分の生活圏内にラルクファンがいないので、1日に8万人も集まるだなんて当日まで信用してなかったんですよね…(おい)
改めてラルクの凄さを知った瞬間でした。


開演時間を25分ほど押してライブスタート。
スクリーンにはCGアニメーションっぽい映像でメンバーが映し出されるのですが、その様子が戦隊モノのアニメっぽくて。
「メタモルフォーゼ!」とかのセリフが似合いそうな(笑)
ステージにはメンバーが一人ずつ入ったカプセルが4つ、ステージ下からせり上がって登場。
ところで一番上手側のkenちゃんのカプセルだけなんで頭の丸い部分がなかったの?w
カプセルの扉が開いても「入ってるのは人形で、実はサブステに登場?」と最後まで気を抜けない(笑)
他のメンバーが普通に動き出してもhydeさんはずっと静止状態。さすが、演出入ってます!

本日の衣装
hyde金糸銀糸を織り込んだ白いレースのベールで髪と口元を隠し、美しい目元が一層際立ちます。目ヂカラ凄すぎ。
髪は細かい編み込み。サイドは凝った模様に編み込まれてました。
ベールは裏に黒い布地を縫い込んでたので、レースの模様が映える。口元のレースは裏なしの透けるレース。
白のカットソーにブラウス、首からフリルのストール、黒のジャケットに裾広がりの黒のパンツ。
ネイルがラメじゃなくてツルリとしたシルバーで、アクセサリーのようでした。
ken→胸元を明けた白のシャツに黒のベスト、太めのストライプのロングジャケット&黒のパンツ。
衣装は何となく見慣れたもの(テイストが)でしたが、味スタでかぶってたようなハンチングと黒縁のメガネの組み合わせが素敵でした。
tetsuya→首元と黒いボタンが印象的な白シャツにベスト、黒から裾にかけてタータンチェックに染まる長めのジャケット(ウエストで切り替えかも)、ピンクのストールを首元にかけて、ボトムはデニム&ブーツ。
衣装は今までに比べれば大人しめだけど、髪が色鮮やかなガチャピングリーン!!!そして左半分は刈り上げ(笑)でも妙にマッチしてるんですよね。ステージ映えする衣装と髪型だ…。
yukihiro久々にターバン&白っぽいエクステ。最初ゴーグルかマスクみたいなのを着けてた?顔半分が隠れてた気がする。
衣装は遠目で見ると黒白のまだら模様のカットソー(ブラウス?)に黒のヒラヒラしたベスト、その上に襟に鋲が埋め込まれたショート丈のベストというよくわからない衣装←
っていうか最初、鋲の部分が水玉模様に見えてしまって、「とうとうyukihiroさんも水玉を着る日がやってきたのね…」なんて思ってました(笑)


[CHASE]
音が風に流される~!そしてステージが人の頭の隙間からしか見えなーい!(笑)
この間も、隣で妹がずっとベールを被り口元を隠した廚二なhydeさんにメロメロでした。
[SEAVENTH HEAVEN]
爆発音とともにキラキラの紙吹雪。
入場した時に会場のあちこちに落ちてたネタバレのキラキラの破片はこれかw
[REVELATION]
「国立ー!お前たちの力で火をつけてくれー!」
スクリーンでは声に合わせてカウントダウンがスタート。0になったら聖火台に火が灯されるのですね。
煽りのところでテッちゃんは1回ずつ腕を上げて、kenちゃんは腕を上げたまま静止(笑)
hydeさんは黒地にL'と書かれた旗を振りかざす。
このデコレーションされたL'のロゴが素敵で。
隣で妹が「あれでグッズ作ればいいのに」w
この曲ではセンターでテッちゃんとkenちゃんの絡みがあったのに、スクリーンに映らないとか…!
[GOOD LUCK MY WAY]
この曲好きー!イントロですごくアガる!
でもなんか泣けてくるんですよね。青空が目に沁みるみたいな感覚によく似てる。
この曲でhydeさん口元のベール取ったかな?
[BLESS]
アカペラ始まり。でもまだ声が安定してない感じ。
前半の曲ではガラガラの声の時もあったりなんかして、ちょっと心配でした。

hydeMC
h:「ラルクアンシエルでーす!」
h:「ただいまー」
h:「みんなのおかげで聖火台に火がついて、僕のハートにも火がつきました」
とか何とか(笑)
みんなの声がなくなると聖火も消えちゃうとかも言ってた。

hydeがギターを持ったので[HONEY]かな?と思ったらドンピシャ。
スクリーンの映像が2年前と同じw
テッちゃんがサングラス取ったのこの曲かな?
やだサングラス取ったら男前///
髪型と衣装とベースのバランスがすごくしっくりきて、あ、テッちゃんだって。
色白さんだからっていうのもあるけど、やっぱりキラキラしてるよなぁ…
髪がふわふわで、左向く度に心の中で「王子…!」って叫んでた(笑)
でもスクリーンにあんまり映らないんだよね…
[winter fall]
ライブでは意外と登場回数の多い曲だけど、この日はとても新鮮な気持ちで聴けました。
ベースの運指も見たかったのだけど…やっぱりスクリーンにあまり映らないのでした(笑)kenちゃんの運指はよく映ってたんだけどね…
[NEXUS4]
ライブでは「このフレーズの時はココ!」っていう自分なりの見所がありまして。(8割yukihiroさんのドラムの事だが)
でも今回約2年ぶりということもあって、その見所がすっかり抜けてました(笑)
このあたりからようやく自分のペースで見れるようになったかな…と思ってたら「Are you ready?」ってhydeさんが何度も繰り返し叫ぶ。え、もう前半終了?!
「Are you fxxkin' readyーーー!」
[READY STEADY GO]
特攻がないのでズッコケた(笑)
最後の方でkenちゃんyukihiroさんの前で弾いてたのってここだっけ?
二人ともすっごい笑顔で可愛かったの!
気がついたらkenちゃんyukihiroさんの目の前で見せつけるように(←独断と偏見・笑)弾いてて、気がついたyukihiroさんが思わず笑っちゃうって感じがもう…!
可愛い可愛い可愛いッ!(≧∀≦)
最後は短めにドラムソロがあって暗転。

メンバーのプロデュースグッズのCM。
いろいろあって、なんでこのグッズでこのテーマwみたいなのもありましたが、
やはりドアラの「今回はコラボじゃないんですね…」という哀愁漂う演技(というか編集)が秀逸でしたw
今までの思い出が走馬灯のように…で、最後のyukihiroさんのフォローの言葉にキラリンってなるドアラ(笑)

ここからようやくポンチョの使い方の説明が。
「記念にそのままお持ち帰りになりたい方もいらっしゃるとは思いますが…」
さすがドL'の習性を理解していらっしゃるww

そんな説明VTRの間にサブステの方では大きな半球体の風船がどんどん膨らんでいく。
風でめくり上がらないようにスタッフさんが必死で押さえ込んでました。ご苦労様です;_;
半球体と客席にプロジェクションマッピングで映像が映し出されてすごく綺麗。
ポンチョはスクリーン替わりだったんですね!!!観客一人ひとりが演出の一部になるとか胸熱!!!

半球体がパンパンにまあるく膨らんで、[metropolis]のイントロ。歌い出しで真ん中から裂けてメンバーが出てきた!!!
hydeさんがスタンドの方に限りなく近づいててギャー!ってなってた
そしてほぼ1曲戻って来ないw
テッちゃんとkenちゃんはステージをゆっくり歩く。
サブステはおかげさまでとっても近くで見れました。
yukihiroさんのドラムはアリーナ向きに設置。この距離で後ろから見たかった気もするけど贅沢言ってはいけません(笑)
近くでドラム見れてうれしいんだけど・・・・・距離があるからか、生音とスピーカーから聴こえる音と身体の動きが全部ズレてるの。
この曲はホントにyukihiroさんの正確に刻むドラムが見ごたえあって、いつも目が離せないんだけど、頭の切り替えが悪い私はなんか変な感じで。
反対に言えば、この“音のズレ”を受け入れてなおかつ正確に叩いてるyukihiroさんが凄すぎました。。。
そういえばこの曲の途中だったかな?スタンド席に「L'Arc-en-Ciel」って文字がLEDで浮かび上がったんですよ!
すごく綺麗で、一層歓声が上がってました。
スタンド席からだとちょっと見づらかったかもしれませんが、光を制御できるからこそできる演出ですね。

ここでのMCで一番面白かったのが
「君達は制御されている」ですねw廚二全開wwwww
hydeさんがスティックを振ると、客席のLEDの色が次々と変わるんです。
でもそのスティックを振る姿が魔女っ子にしか見えな・・・(自重)

h:「今日は調子いいね」
・・・昨日は悪かったのねw
h:「まぁ僕の力じゃないけど(笑)」

メンバーが次の曲のスタンバイで、ステージに座る。
テッちゃんの前にはピンクのアップライトがー!

h:「新しい国立競技場見た?」
hydeさんがテッちゃんの方見るとテッちゃんが嬉しそうにうなずく。
h:「流線型でカッコイイよね。僕が思い描いていた未来の建物って感じ」
h:「(2020年までに)ほんとにあんなのできるのかなって感じだけど(笑)」

MC中yukihiroさんはずっとスタンドの方を向いてました。ちょっとした気遣いにほっこり(*^v^*)

[未来世界]
スタンドには映像が流れるように映し出される。
hydeさんがすごく優しげに、丁寧に、語りかけるように歌う。
ベースソロではテッちゃんが丁寧に演奏。立てて弾くのが難しそうでちょっとハラハラしてしまった。
[花葬]
この曲は毎回毎回導入のアレンジが違って楽しい。
スタンド席には赤い花びらが映し出されて綺麗。
しっとり落ち着いた雰囲気のアレンジで、何と言ってもギターがめちゃくちゃかっこよかった(*´д`)
一音一音に艶があって、音に色気を感じるの。
演奏が終わってサブステージを去る時に、テッちゃんがステージをくまなく一周してくれました。そんな気遣いにヤられる。

メンバーの移動中、暗くなった会場に海の音とクジラ?イルカ?の泳ぐ姿が映し出されてとても綺麗。
大きな影が、競技場内を自由に泳ぐ姿を目で追っていると時間を忘れられました。
しばらくしてkenちゃんがステージに登場。
ギターの音色が心地よくてうっとり。
[MY HEART DRAWS A DREAM]
テッちゃんが赤白のヒッコリーストライプのジャケットにお召し換え。
今回掛け合いのところでhydeさんが「夢を描くよ」だけでなく「HEART DRAWS A DREAM」もマイクを通して歌わなかったので、観客が続けて歌ってました。
[The Fourth Avenue cafe]
日が暮れて寒かったのでジャンプできる曲が嬉しかったです(笑)

[XXX]
会場のLEDがピンク色に染まる。
hydeさんは1番のサビ前のキメ顔が完璧でした。少し身体を横に向けてこちらに顔を向けるのとか…!
と言いつつこの曲はほぼ横に揺れるテッちゃんばっかり見てたのですが。(だってスクリーンに映らないんだもんよ…)
[Shade of season]
[DID]
ヒット曲ばかりじゃなくて最新アルバムからマイナーな曲をやってくれて嬉しかった。

hydeMC
h:「今回のライブはね、できれば新曲をリリースしてからやるべきだったと思うんですけど・・・ご覧の通りで」
h:「せめてライブに間に合えば…なんて夢を持っていたんですけど・・・」

おっとその振りはまさか・・・
h:「夢って叶うものなんですね」
えええええええーーーーーー!!!!(∩*゜д゜*∩)
って周りがあまり騒いでない…ってことはもう昨日披露済みか(笑)

h:「次の新曲は、kenちゃんが作るような映画音楽みたいな…ラルクにしかできない曲がいいなって思ってたんですけど」
h:「20数年バンドやってると何も言わなくてもわかるんですね…」
h:「イメージ通りの曲をkenちゃんが作ってきてくれました」

客:(大歓声&拍手)
kenちゃんは照れ隠し?かVサインで客を笑わせる。
h:「全然演り慣れてなくて、新鮮なんですけど(笑)」
h:「詞もいい詞が書けたなと思うので…聴いてください。“EVERLASTING”」


[EVERLASTING]
もうね、イントロの打ち込みが好みすぎて腰砕けそうになったよね…(*´д`)
ガッシャーンドッシャーン(←)いってる音も好き…!!
音が、展開がドラマチックで、ほんとに映画音楽みたいな…こんな曲ほんとにラルクにしかできないなって思って震えた。
XXXを初めて聴いた時の衝撃に似てる。あの時もいい意味で大きく裏切られたから。

マイクスタンドに沿って立てられたL'の旗が風にはためいて、炎が幻想的に揺れるステージ。
そして真っ暗なスクリーンに浮かび上がるEVERLASTINGの歌詞。
1つ1つの言葉が短くて、それだけにストレートに届く歌詞。
神に誓って(I swear to God)とか、もうあなたには会わないとか…他にすごくグサッと刺さる言葉があったんだけど、残念ながら覚えていない残念な脳←←
歌詞はほとんど覚えてないけど、hydeさんの歌い方がすごく切なかった。
でも演奏部分はかなり少なくてですね…いつ盛り上がりがくるの?ってずっと待ってたんですけど(笑)
テッちゃんがドットのフライングVを弾いてて、「あ、この曲ツインギターなんだ!」って途中で気づきました。

続いて[Blame]。
この曲も周りの反応がそれほどではなかったので前日に披露された模様(笑)
うわぁぁぁぁぁって一人で(正確には妹と)テンションあがっても、ちょっと恥ずかしいっていうかね…
ライブでは初めて聴く曲ですが、演奏してるのが“今のラルク”だから、全然古くさく感じないし、磨かれて洗練された曲になってた。
yukihiroさんがずっと右側のタムを叩いてるのが新鮮で新鮮で…昔の曲は新しいyukihiroさんのドラムプレイが見れるのでとっても贅沢(*´д`)

kenMC
k:「こんばんは!」
k:「国立ー!」

客:(いえーい!)
k:「違う、国立ー?」
客:(競技場ー!笑)
k:「ここでいろんな競技が行われてきたんでしょうね~」
客:(笑)
k:「なんで笑うん?!」
客:(笑)
「オリンピックがまた東京で行われるって2つの時代を生きてきたって感じがする」とか「この競技場が壊されるのが悲しい」「ちょっとずらして建てたらええのに」とか可愛らしいことを言うkenちゃんにキュンとしちゃう。

「今日の衣装が寒い」って話もしてました。昨日は着込んで暖かかったけど、今日は前がはだけてて寒いって(笑)
k:「ホッカイロをズボンに…あ、商品名って言っちゃいけないんだっけ??」後ろを振り向くkenちゃん
k:「振ると暖かくなるカイロをね、股間の周りにいっぱい貼ったら、暖かいんやけどギターの裏がすごい熱くて(笑)」
客:(爆笑)
k:「これで寒くてもライブができるね!・・って新しい国立は屋根があるから寒くないんか?!」
客:(笑)
だんだんどうオチをつけていいのかわからなくなったkenちゃんが一言「・・・・やっぱりエロに頼らなあかんのか・・・」
客:(爆笑)
h:「・・・いいですよ」
k:「え?」
h:「続けてください(笑)」
k:「どっち?!エロ?!
客:(爆笑)

k:「男は角(カド)に全然興味ないんですけどー」
客:(???)
k:「女の子は角を見るとやらしい気持ちになったりするんでしょ?
何の話だwwwww
しかも後ろにいる人『男で角好き』なんだけどwwwwなんか居たたまれないwwwww
「エンジンかかった(笑)」ってhydeさん大ウケw
すごい空気になる会場に「ちゃうねん!話聞いて!!!!」と必死にその場を何とかしようと頑張るけどドツボにハマってゆくkenちゃん(笑)
k:「あらゆる机の角は、女の子のちょうどいい位置にあるねんって!!!←←←
なんか「自転車のサドルが…」て言って興奮してる中学生と何ら変わらんよこの人(笑)

結局どうにもならなかったので無理やり先へ進めることに。
k:「国立~!?」
客:(いえーい!)
k:「なんで?!」さっきのくだりはどうした?!って感じでもう一度「国立~!?」
客:(競技場ー!・笑)←みんな素で忘れてたw
k:「Caress of venusー!」

[Caress of venus]
今度は長い銀テが降って来たー!!しかも真上に!…と思ったら風で流されてったー!(笑)
早々に諦めてステージに集中。
今回はベースの指弾きのところ、テッちゃんを見失ってて見れなかった;_;
LEDはもっと色んなパターンで色が変わった方が楽しいのになぁなんて思って観てました。
[Driver's High]
この曲では下手側の花道先端で、kenちゃんhydeさんにちょっかい出しに行ってた。
そしてhydeさん「来世でまた会おう」を2回言っちゃう事件発生
「♪鋼の翼で~」のところを歌い間違えちゃって「♪来世でまた~あっ!ちょっと…!」ってwww
こういうハプニング、ファンにとっては美味しいですw
[Link]
あいかわらずくるくる回るテッちゃんが可愛い。
この曲だったか?忘れちゃったけど、hydeさんがステージ裏のお客さんの方でしばらく歌ってて、すごい歓声が上がってたなぁ。
そりゃ近いとはいえ、正面ではないからずっと後ろから見てるんだもんね。

ブレイク部分ではテッちゃんMC。
t:「わっしょいー!」
t:「お元気ー?!」
t:「(LEDが)綺麗やねー!」
t:「今日は映画館でもやってるんだよね?」
t:「みんなお目見えしてんのー?!
←お目見えがブームらしく何度も言ってたw
t:「続き聴きたいのー?!」
t:「いくでー!!!」

このあと音声入ってなかったけどテッちゃん何か言ってたよね?yukihiroさんへの合図?!

hydeMC
h:「こうやって炎を見ながら歌える場所ってなかなかないんで…感慨深いです・・・なんやそれ(笑)」
照れ隠しにセルフツッコミしちゃうhydeさん。
k:「それでえーやん!思わずフォローしちゃうkenちゃん優しい。
h:「・・・焚き火とか見てると落ち着くでしょ?」←小学生で山で焚き火してた人
h:「精神が統一されるっていうか・・・・それはええな
k:「えーやん!!!」
客:(笑)

hydeさんが今回の演出について語っている時に、スタンドにまた『L'Arc-en-Ciel』の文字が浮かぶ。
h:「今振ってる子、L'Arc-en-Cielってなってるんやで」
客:(きゃー!)
h:「こういうのも人がいないとできないですから」
h:「生まれ変わる前の国立で、最後に演奏できて光栄です。ありがとうございました」
h:「新しい国立でまた演れたら嬉しいなって」
h:「それまで“相変わらず”かもしれないけど、みんなついてきて下さい」
h:「それでは最後に、みんなで歌ってください。あなた」


イントロのストリングスが流れる中、真っ青に染まる会場を見て7daysの最終日を思い出した。
あの日「最後の曲で会場を青く染めよう」と配られたサイリューム
こんな細かい演出に、心配りにいちいちヤられてしまう。
曲の最後にはたくさんの七色の風船がゆっくりと飛んでいく。
2年前と同じ演出だけど、この日のライブを見て、2年前とは全然違う晴れやかな気持ちで風船を見送ることができたよ。

ステージの上にはド派手な花火!
見とれてメンバーの退場を見逃すところだったわw
yukihiroさんはお辞儀をしたあと、すぐに帰らないで観客に手を振ったりしてたのかな?
最後は恒例のテッちゃんのバナナ投げ!
終演時間20時なんてとっくに過ぎちゃってるけど、お構いなしにステージの上手も下手もステージ裏もくまなく回ってバナナ投げ。
届かないのはわかってるけど手を上げてキャッキャ言うのが楽しいのよ。
そうやって眩しいステージを見ながらライブの余韻を楽しむ時間をくれて、いつもありがとうございます。


終演後は新曲の発売形態やら国立映像化やらWORLD TOURドキュメンタリーが映画化(!)やら、いろんなニュースが発表になりましたが。
今年もラニバツアーの映像化はないんですね・・・(寂)
来年の決算までおあずけなんですね・・・(誰もそんな事言ってない)
そして『次のライブの予定』か『新しいアルバム』で歓喜の声を上げるはずだったのでちょっと気が抜けました(笑)


今回は久しぶりのライブで、まぁ国立が無くなるってことで急に決まったライブ(=予定になかったライブ)だったんだろうと思って、正直そこまで期待していませんでした。
どうせなら完全に復活するラルクを観たいって思ってました。
でも、あの1回でこんなにラルクに引き戻されるとも思ってませんでした。

日々の生活の中で、どうしても何かを諦めなきゃいけない時が何度もあって。
いつまでもあの頃のままではいられないっていうか…その分情熱も執着も薄れていってて。
悲しいけど、大人になるとはそういうものなのです。
いえ、年齢的にはもっと早く大人になっていなきゃいけないんですけど(笑)

そんな中で、新曲が無いっていうのもあるけど、ここ最近はすっかりラルクの曲を聴くこともなくなっていました。

だけどやっぱりライブに行くと引き戻されちゃうんですよね。
ラルクの凄さと、ライブの楽しさと、今までの思い出と…蓋をしてた箱を開けられたような感じ。
今はラルクの曲を聴くのが楽しくてしょうがないです。
ほんとは新曲をもっと早く聴きたいけどね(笑)
とりあえず8月の新曲が待ち遠しい。
そしてその頃にはまた新しい嬉しいお知らせが決まってますように。