読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11/3 acid android live 2012@名古屋E.L.L.

やばい…
今期のacid、もしかしたら今までで一番好きかもしれない…!
ってくらいめちゃくちゃカッコイイ音になってましたー!!
同じ曲が、ぜんぜん違う人格で生まれ変わったような。
わりと序盤ですごいアレンジの曲が来て、その時点ですでに許容範囲を超えてしまいました(笑)

あと2回なんてもったいなすぎる。
音源が手元に欲しいってライブ中に何度思ったか。
CDで!なんて贅沢言わないから。100歩譲ってネットで配信でもいいから。
私が犯罪に手を染めないうちに音源化してくださいwwwwwww

というわけで、続きに記憶の怪しいセトリと感想などを載せてますので、ネタバレ回避中の方はご注意ください。
   
 
 
acid android live 2012@名古屋Electric Lady Land
開演7~8分押しでスタート。
ステージのドラムの位置から、今日は3人編成ってわかったけど、がっかりとかじゃなくてワクワクの方が勝ってて。
メンバーはB-Tフェスの時と同じようでした。

そして少し遅れて下手からyukihiroさんが登場。
今日もまだら模様のカットソーに黒の裾広がりのゆったりカーデに革のロングベスト(2010の#1で着てたやつに似てる。バックは編み上げ)、黒のパンツ(ここまでしか見えないw)とモノトーンな感じの衣装でご登場でしたが、

頭と首に包帯巻いてた。

何その厨二設定wwwwwww
ちょっとレイちゃん仕様?

よく見たら首に巻いた包帯でイヤモニのケーブルを固定してて、いつもyukihiroさんがヘドバンするとケーブルがアクセに絡まってて大変そうだったので、「うまいこと考えたなー!!」って(笑)
サポメンも長身イケメンで、ちょいカジュアルで新鮮。
黒くないacidのサポメン初めて(笑)

let's dance始まりで、お客さんのテンションも初っ端から上がり、imagining noisesで大盛り上がり…とこの時点ですでに楽しすぎて首が痛かったんだけど←←
アレンジは変わってたけど、alcoveほどの衝撃はなくて普通に楽しかったんだけど、5曲目でめちゃくちゃ久しぶりに「intertwineキターーー(゜∀゜)ーーー!!」と思ったら、かなりアレンジされた音がくっついててヤラレまくりました。
コード進行が切なすぎる。(←わかりづらい)
SEXUALxxxxx!を初めて聴いた時の感覚にすごく似てた。
ファーストに入ってるこの曲はわりと無機質な感じだけど、照明との相乗効果もあってか、ちゃんと自分の意思をもったandroidのような、感情が芽生えてしまったみたいに感じられてすごく切なかった。
(包帯から若干厨二病的感想になってますwww)

unsaidはyukihiroさんはギターなし。
この曲もちょっとアレンジされてました。
でもトラウマだったELLでのunsaidの手拍子はもののみごとに払拭(笑)
alcoveとどのくらいアレンジが違ってるのかはもう思い出せないけど、ギターもドラムもいい感じで。
ただ、この曲は轟音ギターがもう耳に染み付いちゃってるので…f^_^;
ちょっとあっさり味なunsaidでした。

そしてなんとライブでは初お披露目のmode inversion!
これもCD音源とはアレンジが変わってたけど、これもカッコイイ音に仕上がってました。

次のdouble dareとpause in endは、イントロが「新曲?!」って思うくらいガラリと変わってました。
そしてこの上なく重い音(笑)
どちらも元々、そこそこの重た~い音ですが、更に重くなってて。
しかも面白かったのが、この2曲のあとのyukihiroコールのデスボ率の高さwwwww

そしてpurificationが…!!!!
この曲も新曲かのごとくアレンジされたイントロだったんですが、すんごいゴシック調に仕上がってて、めちゃくちゃかっこよかった!!
もう好みの音になりすぎてて、ライブ中ちょっと泣けてきた。
と思ったら、隣の見知らぬお嬢さんも胸に手をあてて聴いてて、思わず抱きしめたくなりました(←)

歌い出しからyukihiroさんの声がクローズアップされてて、その声もすごく良くて。
微妙な音のさじ加減が絶妙。
そして曲が進むにつれてイイところにイイ音がどんどん来て、終わらないで欲しいと本気で思いました。
個人的にこの日一番よかったな。

amnioticが終わって、swallowtail。
ギターがカッコイイなぁと思ってたら、yukihiroさんが英語で歌いだした…!!
私はこの日、偶然swallowtailの英詞が書かれたver.のTシャツだったので、運命を感じました(笑)
それにしてもギターのアレンジが全く別物になってて、色の少ない蝶から色味を帯びた蝶に変化してました。

violatorが13曲目って時点でニヤリとしちゃいましたが、曲に思い切り浸りすぎてほぼステージ見てないっていう←←
それくらいアレンジが気持ちよかった。
ちなみにこちらも英語バージョン。

そろそろ暴れ曲ゾーンに突入か?と思ったところでi.w.o.m.f.p.p. just an android
準備はいいか?って言われてるような感じ。
今日はセトリが緩急ありつつ曲が始まるごとに驚いてばかりで新鮮で全然飽きなかった。
…っていうかアレンジすごくて脳内のキャパ越えすぎてるからww

そしてセトリの怪しい15曲目と16曲目。
どちらが先だったのかが曖昧ですが、egoはやっぱりテンションあがりますねー!!
感想のジャングルっぽいリズムのとこなんかはテンション上がった客がヒューヒュー言うくらい盛り上がりました。
dazeではイントロでの手拍子はやっぱりあるんだけど、アレンジのせいか途中からウォイウォイ始まって。
拳を上げてノッてる会場を静かに眺めるyukihiroさん。
でもいつもみたいに大暴れってことはなくて、クールな感じを見せつつでも楽しんでるような(←と勝手に推測)

ラストはviolent parade。
まだ17曲目だったんで、まだ何か曲あるかな~なんて期待してしまったけど、曲終わりでガンッとマイクを落として袖に帰っていかれました。
曲が少ないから物足りないなんて感情は全然なく、あー!満足したー!って心の底から思いました。


あとちょこっと補足。
今日は革のベストを着ていたので風通しが悪かったのか、
途中でバサバサ掃いながらベストに風を送るyukihiroさん。でも脱がないwww
ステージ上の照明の加減でシルエットだけになった時にチマチョゴリ着てるみたいなシルエットが可愛かった。


set list@20121103

1.let's dance
2.imagining noises
3.gamble
4.clockwork dance
5.intertwine
6.unsaid
7.mode inversion
8.double dare
9.pause in end
10.purification
11.amniotic
12.swallowtail
13.violator
14.i.w.o.m.f.p.p. just an android
15.daze
16.egotistic ideal
17.violent parade