読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリ旅行記 その3

シンガポール公演までに終わらなかった(笑)
今頃盛り上がってるかなぁ…

そして昨日届いたニュース!BUCK-TICKトリビュートが面白そう~(*゜∀゜*)
ラルクのトリビュートは購入未定だけどこっちは買う!(笑)
やっぱり興味のあるメンツでないと食指が動かないんだよね…。

フェスも楽しそう~♪acidが出なくても普通に行きたいかも。
9月かぁ…余裕があれば考えます(笑)


さて、ここからはパリ旅行記の続きです。

その1はこちら
その2はこちら

あいかわらず写真多めの文章長めですのでご注意を。

ご興味のある方は続きからどうぞ☆  
 
フランスに行くにあたって、行きたい場所がいくつかありました。
ひとつはお城めぐり。
ヨーロッパに行ったら是非行ってみたかったものの1つ。
…だったんだけど。
お城がたくさんあるロワール地方は、パリからは1時間くらいで行けるらしいのですが…お城って駅の近くには建ってないんですよねf^_^;
それぞれのお城が離れているので、車で行くかバスツアーに申し込むかしても、せいぜい2つ3つ見れたらいい方らしい。

それからL'7の時にkenちゃんが訪れていたモン・サン・ミシェル
こちらは、もっと交通の便が悪くて、往復7時間以上かかると言われ…
この日はメインのライブがあり、帰って来れないこともないけどギリギリかもしれないし、7時間移動で無駄にするなら7時間パリで遊んだ方がいい!という結論に至りました。


★3日目★
行きたいところはどこも遠かったので、比較的近くてパリからも交通の便がよいヴェルサイユ宮殿へ行くことに。
ただし、世界中から観光客が訪れるため、開門前から列ができているとのことで早めにホテルを出発しました。

ホテルが12号線沿いにあったので、『Porte de Versailles』という駅名からメトロでも行けるんだと安易に思い込み、駅に着いてみると…
世界的に有名な観光名所にしては、ちっとも看板や案内が出ていない。

以前一度行ったことがあるという妹の話しでは「もっと遠かった気がする…」と言うのでもう一度路線図を見直してみると…

全然違う駅やないかい(笑)

ヴェルサイ宮殿へ行くにはRERの『VERSAILLES-RIVE GAUCHE』という駅で降りなければならないそうで…紛らわしい駅名だな(笑)
幸いトラムで乗り継ぎができそうだったので何とか辿り着きました。
トラムは地上を走ります。

トランジリアン。

VERSAILLES-RIVE GAUCHE駅で降りて並木道を抜けると見えてきました!
遠くからでもデカイ!!

宮殿の前にあった建物。

会議かなんかを行なう場所かと思いきや

「それ馬小屋やで」

Σ(゜д゜;)ハァ???

スケールの大きさが常人の考える範囲じゃない・・・・・orz

正面にはルイ14世の像が。

開門30分前にしてこの行列!

朝日に照らされる金ピカの宮殿。

チケットを買っていざ出発。

入り口でカバンの中をチェックされます。
並んでる時におじさん(従業員なのか観光客なのかは不明)が日本語で「11時から噴水祭りがあるよ~」と教えてくれました。
どんなすごいイベントなのかと思ったら、毎週行なわれている噴水ショーのことでした。
ショー=祭りかwwww

中ではオーディオガイド(トランシーバーみたいな形)を借りれました。もちろん日本語もあります。
最初は耳にあてて聞いていたのですが、カメラ片手だと不便…。
持参したイヤホンを接続するとガイドを聴きながら撮影ができて便利でした

礼拝室。

ヘラクレスの間。







とにかくどこの部屋も金ピカで細かい装飾がこれでもかッ!ってほど施されていました。
そして何と言っても天井が凄い!!(あとでプレビュー見たら天井ばっかりw)
間接照明が一層美しさを際立たせます。
絵画や肖像画もたくさんあったのですが、カメラの不調なのかカメラがどこにピントを合わせていいか迷ったのか(笑)、あまり綺麗に撮れてませんでした



鏡の間。

王妃の寝室。

修復中。珍しかったので。

絵画ではなく彫刻の天井も。

おみやげ屋さんでベルばら発見ww

宮殿そばの庭園。

ここから庭園を散策。
見えてるところが全部敷地です。果てしない…。

途中までは歩いていたのですが、どう考えても別邸(グラン・トリアノン)まで辿り着けないのでレンタサイクルを借りました。
歩いて行ってたら絶対ライブに間に合ってないwww
自転車は時間を気にせずどこへでも自由に行けるのが便利だけど、道はアスファルトではないので運転が大変
プティ・トランという小さな列車もあるのでそっちの方がいいかも。

グラン・トリアノン到着ー!

…と思ったらお昼の12時からかーい!\(^o^)/

そして12時きっかりには開かない海外クオリティ。
結局着いてから30分くらい待ちました。

ピンク色に見えている壁や柱は全部大理石です…(!)







内装も外観もこっちの方が可愛いけど、こちらはルイ14世の別邸。
マリーアントワネットのお気に入りの別邸はプティ・トリアノン
ところが建物と庭には辿り着いたものの、建物にはどこから入るのかわからなくて中に入れませんでした

この時点ですでに歩き疲れすぎていて、kenちゃんの見学していた場所も見つけられず。
とりあえずヴェルサイユの庭は果てしなく広かった…。


気を取り直して再びパリへ。
ガーゴイルさんのいるノートルダム大聖堂へ向かいました。
『ST-MICHEL NOTRE-DAME』駅に到着。


シテ島ノートルダム大聖堂

よーく見ると真ん中に人が並んでる(;´д`)

扉の装飾も凄い。



パリの中心地ということもあって、観光客の数がすごい。
教会の塔に上がることもできるそうなのですが、土曜日ということもあってか長蛇の列。(というかいつも??)
並んでる時間もなかったので見学もそこそこに次の地へ(つд`)

このどこかにガーゴイルさんがいるはず。

そこから少し歩いてカルチェ・ラタンへ。
せっかくパリに来たんだから1つくらいは行っときたい!ってことで、『a Paris』でyukihiroさんが撮影した場所に行ってみましたー!

というのも、スタジオ名がわかってて一番探しやすかったからです(笑)

なんですが。
その前の日に、ホテルであれこれ検索していた時に、すでに『a Paris』の聖地めぐりをされ、なおかつとーってもわかりやすく道順まで解説してくださっているサイトさんを発見!
もっと早く知っとけばよかった!(>_<)
おかげ様で迷わずに辿り着けました。
一方的ですが、その節はお世話になりました。

というわけで無事に『Studio RAMSES』到着。
なんか看板が増えてますが(笑)

ここがyukihiroさんのもたれていた扉…(*´д`)

そこからエコール通りに出てしばらく探しているとありましたー!

ここがyukihiroさんのもたれていた壁…(*´д`)

その路地を出て、パンテオン方向に坂を登り、反対側の路地へ入ると
見覚えのある石の車止め(?)が…

yukihiroさんの座った車止め発見ー!ヽ(*´∀`*)ノ

しかし、座って遊ぶ間もなくここで泣く泣くタイムアップ。

なぜならグッズを買いに行かなければならないからです。
…いや、強制ではないんだけど(笑)

メトロ10号線と5号線を乗り継いでいざ会場へ!

最寄り駅は『Parte de Pantin』。

駅から広ーい公園内を歩いて歩いて…
憧れの地、Le Zenith到着!

今日のライブアクト。おフランスらしくL'が抜けてます(笑)

これがDVDで見た赤い柵か…感慨深い。

ここからはライブの感想にも綴ってあるので同じ事はあえて書かないでおきますね。ただでさえ長いのに←←

終演後、気になった看板。Le ZenithとCoca Colaのコラボ

夜のLe Zenith。

終演後の会場前は、ライブの興奮が冷めない人や余韻を楽しむ人でいっぱいでした。
現地のメディアのパスをつけた方たちもいて、ファンにインタビューもしていたようです。

ライブの余韻を楽しむ為にこのままレストランに行きたかったのですが、すでに11時半とかで(笑)
ホテルも遠かったしメトロの終電が何時なのかわからなかったのでそのまま帰ることに。

そして案の定戻ってみると、ホテル周辺のレストランも店じまいし、頼みのコンビニも閉店…orz

24時間営業の日本のコンビニが恋しい瞬間でした\(^o^)/オナカヘッタヨ-


4日目へつづく・・・